1万円のチョコレート3Dプリンターが登場!

食品を3Dプリンティング技術で作り出すフードプリンターが2013年はいくつか登場したが、年が明けて2014年、食品関連の3Dプリンターのニュースが相次いでいます。
今年のCESに登場した「ChocaByte」は、Quinn Karaitiana氏によって開発された99ドルの家庭用チョコレート3Dプリンター。専用チョコレートを付属のカートリッジに入れて、カートリッジをお湯やレンジで温めてチョコレートを溶かします。カートリッジ内のチョコレートが溶けたら3Dプリンターにセットして出力開始。市販のチョコレートが使えない点が残念ですが、チョコレートカートリッジは4つで1,000円と、こちらもお手頃価格。

また3Dプリンターのリードカンパニー、3Dシステムズも今年のCESでフード3Dプリンター「ChefJet」を発表しています。「ChefJet」はカートリッジに砂糖/香味料/着色料/水を入れて飴や砂糖菓子を作ることができます。3dprinter ChefJet「ChefJet」は白黒のモノクロフードプリンターとなっており、価格は約50万円。またカラー出力が可能な「ChefJet Pro」は約100万円となっており、共に、2014年の下期に発売が開始される予定となっています。
宇宙食を3Dプリンターで作る研究をNASAが進めていたり、ピザを3Dプリンターで作ったり、3Dプリンティング技術は食べ物の市場においても、一つのカテゴリーとなっていくのかもしれません。