14万円台の国産3Dプリンター「CellP」

3d-printer-cellp

燃料の販売/配達やインターネットプロバイダ事業、デジタルコンテンツ事業を行う岡田商店は、6月12日、14万円台の3Dプリンター「CellP 3Dプリンター組立キット」の受注開始を発表した。「CellP」とは、CellP projectのメンバーが開発を進めるオープンソースのRepRapプロジェクトから派生した3Dプリンター。CellPはオープンソースの3Dプリンター。

・積層ピッチ:0.1mm
・プリント可能最大エリア:横200mm×奥行き180mm×高さ180mm
・本体サイズ:幅400mm×奥行き400mm×高さ418mm(電源ユニット部分を除く)
キットを組立てた完成形で発送する「CellP 組立調整サービス」を3万5000円で提供している。
本体価格は14万7000円だが、6月25日までに注文された先着50セットは9万8000円で販売される。