3Dプリントを自動販売機で

CADデータはあるけど、出力する3Dプリンターを持っていない。そんな人におすすめのサービスかもしれない。自動販売機のような使い勝手で、手軽に数百円で3Dプリンティングをすることができる。この3Dプリンタ自動販売機を開発したのは、カリフォルニア大学バークレー校の学生。実際に同校のエチェベリ・ホール3階に設置されているようです。現時点では3Dプリンタの素材となるフィラメントは金額的にもまだ高く、出力サイズにもよりますが、通常なら1回のプリントアウトで約1500円程度のコストがかかります。しかしこのDreamBoxなら1回2ドルで印刷できます。3Dプリンタを購入前に試したい人には、ぴったりのサービス。実際にDreamboxで用いられている3Dプリンターは、Makerbot社の初代Replicator。自動販売機でReplicator2X等、最新のプリンタを選択できたりするともっと便利かもしれません。